「AdSense」の申請が承認されなかった!|「ポリシー規約」を読み直して「再申請」に向けた修正と準備を進めてみる。

検証
「AdSense」の申請が承認されなかっ…

先日のブログ収益に関する記事で触れた「Adsense」ですが、申請が通りませんでした。
理由としては、「ポリシー違反」とのこと。この具体的な内容については明記されていませんでしたが、幸いにもGoogleさんは「コンテンツに関するポリシー」を参照してくださいとの説明と以下のヒントをいただいたので、これを参考に修正を行いたいと思います!

  • Google 広告を掲載するサイトでは、ユーザーに価値ある情報を提供することが重要です。サイトに掲載するコンテンツは、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような、独自性と関連性の高いものにしてください。
  • 自動生成されたページや独自のコンテンツがほとんどないページには、広告を掲載しないでください。
  • サイトは操作しやすい構成にして、ユーザーの利便性を高めることが重要で、クリック操作でページを移動して、探している情報を簡単に見つけられるようにする必要があります。

上記は、「AdSenseの要件」が云々という以前に、WEBサイトとして重要なことだと思います。なので、ブログ自身の死活問題として改良していきたいところです。「コンテンツ ポリシー」に関しては、以下5つのセクションに分けて説明がされていました。これらを確認し、サイトの内容が即していないものを見つければいいわけですね!

  • 禁止コンテンツ
  • アダルト コンテンツ
  • 必須コンテンツ
  • 著作権侵害
  • ユーザー作成コンテンツについて

まず、各ポリシーに関する記事を読んでみました。定義されている内容に対して、自分の認識でポリシー違反がないかチェックして、準じてない内容の有無を確認します。そもそも違反が無ければ、ポリシー違反にはならない訳なので、何れかが違反しているか、もしくはGoogleさんが定義した解釈と自分の理解に相違があるかだと思います。とりあえずは、自分なりに意訳した内容(=自己解釈)から照らし合わせてみます。

 

禁止コンテンツ

説明文 (参照ページから引用) チェック 自己分析
アダルト コンテンツ

ポルノ、アダルト、成人向けコンテンツを含むページに Google 広告を掲載することは許可されていません。また、アダルト コンテンツのページに検索向け AdSense(AFS)の検索ボックスを設置することも許可されていません。

問題なし
危険または中傷的なコンテンツ

Google では表現の自由を強く信奉していますが、危険または中傷的なコンテンツを収益化することは許可しておりません。

危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ

Google ではオンライン、オフラインを問わず、人々の安全を保護したいと考えているため、損害、損傷、危害を引き起こすような商品やサービスの宣伝は認めていません。したがって、危険ドラッグを販売または宣伝するページや薬物に関連したコンテンツに Google 広告を掲載することは許可されません。

アルコールに関連するコンテンツ

アルコールに関連した特定のコンテンツを宣伝するページに Google 広告を掲載することは許可されていません。

タバコに関連するコンテンツ

巻きタバコ、葉巻、タバコパイプ、巻紙など、タバコやその関連商品を宣伝しているページに Google 広告を掲載することは許可されません。タバコ関連のコンテンツ ポリシーに従っていないページを参照先とするリンクの掲載も、禁止コンテンツの宣伝に該当しますのでご注意ください。

ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ

現金や品物と引き換えることができるマネーなど、価値のあるアイテムをゲームの成果に基づいて受け取ったり賭けたりすることができるオンラインの現金賭博や、インターネットをベースにしたゲームを宣伝するコンテンツを含むページには、Google 広告を掲載することはできません。

ヘルスケアに関連するコンテンツ

ヘルスケアと医薬品に関する各地の法律や規制を遵守するため、ヘルスケアに関連した特定のコンテンツを含むページに Google 広告を掲載することは許可されません。

ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ

どのような種類のハッキングやクラッキングであっても、それらを宣伝するページに Google 広告を掲載することは許可されません。ハッキングやクラッキングに関連したコンテンツとは、ソフトウェア、サーバー、ウェブサイトの改ざんやそれらに不正にアクセスできるようにする手順や手段をユーザーに提供するコンテンツを指します。

報酬プログラムを提供するページ

広告のクリックやウェブ サーフィン、メールの閲覧といった作業を行ったユーザーに対して支払いや報酬を約束するページに Google 広告を掲載することは許可されていません。そうしたページでは無効なインプレッションやクリックが発生する恐れがあるため、Google 広告の掲載が禁止されています。また、そうしたサービスの宣伝や導入手順の紹介コンテンツにユーザーを誘導することを主な目的とするページに Google 広告を掲載することも許可されていません。

ユーザーに対して意図的なアクションを誘発したり、喚起する記述自体はないです。ただ、アフィリエイトに関する投稿を行ったので、それが「サービスの宣伝や導入手順の紹介コンテンツにユーザーを誘導すること〜」に該当するか確認した方がいいかも
不適切な表示に関連するコンテンツ

ユーザーはオンラインで閲覧するコンテンツによって誤った認識を持つことを望んでいません。そのため、ご自身の身分や提供するコンテンツ、ウェブ プロパティの主な目的について、不適切な表現や虚偽表示、適切な情報を隠しているページに Google 広告を掲載することは許可されません。

意図的にユーザーに対して誤った情報を宣伝することはしていません。情報の正確性や信憑性については、ファクトチェックを充分に注意を心がけています。クローキングなどの隠し要素もないはずです。ただ、念のために、改めてチェックを行おうと思います。
衝撃的なコンテンツ

広告主様とユーザーに対する配慮のため、衝撃的なコンテンツを表示するページに Google 広告を掲載することは許可されません。

問題なし
武器および兵器に関連するコンテンツ

武器および兵器、またはその関連商品を販売したり、販売を促進、推奨したりするページに Google 広告を掲載することは許可されません。これには、弾薬、銃の部品、ピストル、ライフル、BB ガン、スポーツ銃、エアーガン、ブローガン、スタンガンの販売が含まれますが、これらに限定されません。このポリシーでは、花火などの爆発物を販売するページでの広告の掲載も禁止されています。

不正行為を助長するコンテンツ

Google では誠実さと公正さを重視しているため、ユーザーの不正行為を助長するコンテンツを含むページに Google 広告を掲載することは許可していません。これには次のような例があります。

違法なコンテンツ

違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他人の法的権利を侵害するコンテンツが含まれるページに Google 広告を掲載することは許可されません。

 

アダルト コンテンツ

説明文 (参照ページから引用) チェック 自己分析
ヌードとポルノ

ヌードやポルノを含むページに Google 広告を掲載することは許可されません。これには、次の内容を含む画像、動画、説明を記載しているページが含まれますが、これらに限定されません。

問題なし
性的欲求を刺激するコンテンツ

性的なものを暗示するコンテンツや性的刺激を目的とするコンテンツに Google 広告を掲載することは許可されません。

性的なフェチ、性的な補助製品

性的なフェチ、補助製品や器具、性的行為のための道具を宣伝、販売、話題にしているページに Google 広告を掲載することは許可されません。フェチとは、特定の物(おむつ、食品など)や素材(皮革、ゴムなど)、体の部位(足、つま先、耳など)、状況によって満たされる執着や性的欲求のことです。 ~中略~ Google では、性的快感を得たり高めたりすることを用途とするものは、性的な補助や器具、性的行為のための道具として見なされることがあります。

国際結婚の斡旋、エスコート サービス、アダルト向けまたは性的行為を目的とした出会い系サイト

成人向けサービス、性的サービス、出会い斡旋、コンパニオン サービス、性感マッサージを提供するサイトに Google 広告を掲載することは許可されません。

アダルト コンテンツが含まれている外部サイトへのリンク

アダルトサイトや成人向けサイトへのリンクを掲載したり、このようなサイトにユーザーを誘導したりするページに Google 広告を掲載することは許可されません。

アダルト検索結果

アダルト検索結果に Google 広告を表示することは許可されません。

コメントスパム

形態にかかわらず、コメントスパム(成人向けの表現など)を含むページに Google 広告を掲載することは許可されません。コメントスパムには、他のソースから無作為にコピー、貼り付けしてフォーラムに投稿したでたらめな文章やそうした文章の一部、およびトピックと関係のない無意味な語句が含まれますが、これらに限定されません。

性的な助言、性的医療

性的な能力に関する助言を行ったり、性に関する医療サービスについて取り上げたりしているコンテンツに Google 広告を掲載することは許可されません。

直接的な表現も、関連した内容も、それを連想させる記述も無いので、これは問題ないと断定できます。

 

必須コンテンツ

説明文 (参照ページから引用) チェック 自己分析
サイトのプライバシー ポリシーについて

プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

  • Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
  • Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
  • ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。

第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。

  • 第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。
  • 対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。
  • これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。

サイト運営者様のサイトや法律は国ごとに異なるため、Google でプライバシー ポリシーに関する具体的な文面を提案することはできません。サイトのプライバシー ポリシーを作成する際には、Network Advertising Initiative などのリソースを参考にされることをおすすめします。Cookie 使用の同意を得るための情報通知に関する詳細については、cookiechoices.org をご覧ください。

必要な表記が明記されていなかったと思います。おそらく、現状でポリシー違反に準拠できていなかったのは当項目が一番怪しいと思います。再申請に向けて、この項目を優先的に調整します。

 

著作権侵害

説明文 (参照ページから引用) チェック 自己分析

Google のポリシーとして、デジタル ミレニアム著作権法(DMCA)に準拠した侵害の報告があれば対処いたします。AdSense のサイト運営者様についても、そのような報告を受けたり、サイトが著作権を侵害していると考えられる理由がある場合、プログラムへの参加を停止させていただくことがあります。

私見的には問題がないと思う。ただ、理解が及んでいないので、「問題なし」と断定できない。詳細を読んで、問題の有無をチェックし、必要なら修正・対応を行う。

著作権」に関しては、充分に注意してきた意識はあります。ただ、それが厳密な理解までは出来ていないので、曖昧な理解であれば「著作物を使わない」という方針でいました。SNSのシェア機能を使った表示方法であれば、著作権上の問題をクリアできるとの認識でした。もし、現状で著作物に関する違反が起きているとすれば、ソレが怪しいかも。ブログ運用においても重要なことなので、「著作権」に関することも勉強しつつ、Googleさんのいう「著作権侵害」に該当するか?も入念に調べておく必要がありそう。

 

ユーザー作成コンテンツについて

説明文 (参照ページから引用) チェック 自己分析
ユーザー作成コンテンツに対するサイト運営者様の責任

サイト運営者様は、ご自身のサイトまたはアプリに掲載されるすべてのユーザー作成コンテンツが、該当するプログラム ポリシーに準拠していることを確認する責任があります。つまり、AdSense または AdMob をご利用になるには、ユーザー作成コンテンツを含め、広告コードを挿入したページに表示されるすべてのコンテンツが該当するプログラム ポリシーに準拠していなければなりません。

私見的には問題がないと思う。ただ、理解が及んでいないので、「問題なし」と断定できない。詳細を読んで、問題の有無をチェックし、必要なら修正・対応を行う。
ユーザー作成コンテンツと通常のコンテンツとの違い

サイト運営者様が指示し、その管理下で直接作成されるコンテンツと異なり、ユーザー作成コンテンツはユーザーが独自に作成して、サイト運営者様のサイトやアプリに投稿します。残念ながら、すべてのインターネット ユーザーが礼儀正しく、マナーをわきまえているとは限りません。どのようなコンテンツが投稿されるかわからないので、サイト運営者様は、投稿内容が AdSense のプログラム ポリシーに準拠しているかどうかを確認する必要があります。

自分の解釈が誤っている可能性も勿論ありますが、基本的には自分に対して厳しいスタンスでチェックしたつもりです。なので、自己解釈で違反だと思う項目でも、実際には遵守されている可能性もあるし、その逆の可能性も考えられます。前者であれば杞憂しただけで済むので気持ち的には整理がつけやすいのですが、後者(自分では違反に気付けていないケース)だと、今後の対応もやっかいですね。とりあえず、これが問題なのかなーという箇所を修正、改善し再度申請を行ってみたいと思います!

関連記事