ブログ集客Twitterを初めてみた簡易レポート|まだまだ使いこなせていないけど、伸び代を充分に感じる。

検証
ブログ集客Twitterを初めてみた簡易…

先日「Twitter」を始めたので、簡単にレポートします。
意外にも、慣れたというか楽しめてるかもー

ブログへのリファラー(流入元)は、これまで検索流入がメインでした。それは今も変わっていないけど、Twitterを始めてからソーシャルでのアクセスが増加しています。しかも、大幅に増加しているので、将来的には検索流入と五分五分かそれを上回る可能性もありそうです。

コンテンツの性質似合ってるかも?

検索流入の施策では、ビッグワードでの順位を取るより、テールワードの順位やクエリを出来るだけ多く取りたいと思ってSEOを勉強中。まだ順位も目標に達してないし、安定もしてないです。対してTwitterは、初めて間もないのに予測以上のアクセスを集めています。まだ答えを出すには尚早かもしれないですが、乃木坂ファンの分布図的には検索というよりSNSにいるという可能性が高そうな気がします。

Twitterを利用するファンが多いみたい

理由としては、公式アカウント等の情報をキャッチしたり、キャンペーンなどの恩恵を得られること。また、SNSの中にコミュニティが形成されること。情報を探し、自らで発信も行えることなどがあるように思いました。といったところで、Twitterでブログ集客というのは、効果が見込めると思うのですが、SNS集客は一過性というのを聞いたことがあります。なので、SEO施策とSNS集客は、どちらも欠かさずの二本柱で頑張っていきます!

第一目標は順調な進捗具合

Twitter集客で意識してるのは、Twitter内で人が回遊する動きを予測して、ブログに関する情報がユーザーの元に届くこと。具体的にやっている事で言えば、乃木坂46の公式アカウントにリアクションを行うとか、ハッシュタグを付けて投稿するなどです。

Twitterの解析ツールである「Twitter アナリティクス」を見ると、その根拠が分かりやすいです。プレーンな呟きでは、インプレッション数は多くても2桁台。それに対して、ハッシュタグを付けた投稿だと3桁、公式アカウントへのアクションでは4桁程のインプレッションを獲得しています。

インプレッション数は良かったけど

ただ、このインプレッションがブログ集客に結びついているか?と言うと、アクションの割合を示す「エンゲージメント」は、インプレッションの数パーセントといった感じです。おそらく、乃木坂46への関心から自分の情報が流れてきただけで、自分のアクションやブログへの興味までは及んでいないようです。ただ、集客には結びついていなくとも、目に触れる機会が増えれば認知度を上げられるので、いい露出にはなっている気がします。

その中でも、少なからずアカウントだったりブログにアクションされているユーザーもいます。この動きをもう少し分析して、再現度を高められれば、ブログ集客のプチマーケティングも質をより上げられると思います。その意味での目標は、乃木坂ファンの性質をゾーニングして、ブログに関心を持ってもらえるユーザーを捉えて、何かしらリーチ出来ること。

これからの課題はフォロワーかな

また、現状はフォロワーが極端に少ないので、Twitterの基本的な操作方法や用語とかを覚えたら、これを増やす施策も今後行っていこうと思います。あと、意外にアクションをされるのが乃木坂ファンではなくブロガーやマーケターの方々。おそらく、こういった記事を書いているからというのと、その方達自身もSNSマーケティングの一環として、当方にアプローチされているのかな?と思います。乃木坂ファンだけでなく、幅広い層の繋がりを持てそうなので、「Twitter」を始めたのは良かったと思います。🐣

関連記事