20thシングル『シンクロニシティ』発売記念個別握手会 第5次抽選応募について

ブログ
20thシングル『シンクロニシティ』発売…

第5次応募にして完売が多いねー。遊びにいこうと思ってたメンバーも応募できなくなっていたり、予想外に売れゆきが早かった!予想外といっても、普段から完売状況をそこまで意識してないし、応募可能なメンバーに応募するだけだけど。でも今から応募できるメンバーもいるから、チャンスだと思って追加応募してみました。




新しい出会い

20枚目という節目のシングルなので、これを機にこれまで会ったことのないメンバーにも応募してみました。3期生の「中村麗乃」さん。3期生のメンバーを応募すること自体が初めてだから、当選したら会えるの楽しみ!1、2期生の握手会と雰囲気も違ってくるのかな

年離れるほど、苦手意識?

ただ、年齢の離れたメンバーに対して握手会で馴染めにくい印象があって、自発的に話題を出さないタイプだから、メンバーも同じタイプだと会話が続かないなんてこともあるし

握手会では並んでいる時間があるにも関わらず、会話の話題も考えずにボーッとしているから、自分で解決できる問題なんだけどね。列に並ぶと無意識に脳が休んじゃう。いざ握手!ってなった時に話題を拵えることが出来ず、月並な会話を毎回繰り返すという学習能力のなさ・・・だから、意識して改善しないと

ただ、それで事故ったとしても気にしないくらいだから(たぶん、気にしてないから改善できてない)、今後よくなるのか自分で不安だな。どっちにしても内容がどうであれ、会ってメンバーを嫌いになったり、マイナス印象になることはないよ

メンバーもファンを見ているかもよ

その逆に、メンバー側からファン(自分)に対しては、そういう風に思われる可能性はあるんじゃないかな。(大きい声では言えないけど「話をしてるのに目が合わない」「会話に興味を持っていない」「上の空で心ここに在らず」ということを感じたこともあるし・・・)
ただの被害妄想って可能性も充分にあるけど、ふとした表情とかリアクションだったり、やっぱり何かしらの要因がないと安易にそう思うこともなかっただろうし・・・

と言っても、「仕事が忙しくて疲れている」「体調が良くない」「諸般の事情で感情が塞込んでいた」とか理由があったのかもしれないし、それに相手も人間だから「メンバーが思い通りの反応をしてくれる、してほしい」と期待するのはファンの驕りなのかもね

そもそもメンバーは握手会に来られる人を選べないわけだから、「会いたくない、話したくない人」や「苦手な人、嫌いな人」も中にはいるかもしれないし、それなのに体裁よく振る舞わないといろいろ言われちゃうこともあるし辛いよね。(上述だよね、ごめんなさい!)
憐情しておきながら、実際に自分が裏でそう思われてたら、流石にショックだけど・・・

ちょっと想像が拡がり過ぎたけど、仮に握手会で話してみて、想像と印象が違っても、相手を嫌いになったり、対応を批判したり、文句を言ったりはしないです。何度参加しても同じだったら、そのメンバーに対しては自重して応募しないだけ。ファンの側からそっと身を引けば、お互いに平和になると思う。

といっても、相手が本心でどう思っているかを窺い知ることも出来ないだろうし、これはあくまでも私感的な憶測であって、語弊というか悪しざまになってると思う。他のファンの方は気にせずに楽しんでほしい!

3期生との初対面楽しみ

「中村麗乃」さんは年離れているし、大人しそうな印象だから、最初に会って打ち解けられるか?気がかりなのは、それだけかな。
もしかしたら、実際に会ったファーストインプレッションで、推しメンになる可能性もあるし、自分も相手も楽しめたらいいね
一期一会でもいいから、当選して会えるのを楽しみにしていよう!(๑´ڡ`๑)ノ

自分が安心できるメンバー

自分がよく遊びに行くことが多いのは、「まいちゅん」「かなりん」「かりんちゃん
年齢も対応も大人だし、メンバーから話題を振ってくれるから、自分も気負わずに握手会を楽しめるし、よく言えば折衝能力が高いのかな?悪くいえば、自分が甘んじてるだけ。
どんな話題も柔軟に対応してくれるし、むしろ話をメンバーから振ってくれることもあるから個人的にありがたいし、些細な会話でも感受性豊かでリアクションも大きくて、自分からすれば気負わずして握手会を楽しめるメンバー
この3人は、自分のように推しメンが居ない方や握手会に初めて参加する方でも、「握手会」を楽しみやすいと思う。

友達にも「もし握手会に行くとしたら、誰がいいかな?」って聞かれたら、だいたい「かりんちゃん」って答えてる気がする。
最近、このブログではかりんちゃん猛プッシュになってるみたい

関連記事