ここはブログの戦略会議室です。メンバーのことをもっと知るための企画アイデア。趣味について

コラム
ここはブログの戦略会議室です。メンバーの…

今後は、メンバーの魅力を紹介する記事も増やしていきたい
こんなこと考えて「おせっかいも甚だしい!」とか思わないでね
ブログ施策も兼ねて、自分なりに出来そうなことを考えてみた。

まずは、相手を理解する

「魅力を紹介する」といっても、そもそも自分自身がまだメンバーのことで知らないことも多いので、改めて考えると自分の立場で魅力を伝えるのはまだ早いかも
そういった見方から考えると、そもそも自分自身が「メンバーを知る」ためのコンテンツが必要だと思うし、もしかするとそれが「魅力を紹介する」一端になれるかもしれない。

趣味から紐解く個性

具体的なアイデアとして考えているのが「趣味・特技」です。
メンバーそれぞれが持つパーソナルな部分として、理解したり勉強することで、まずは自分がメンバーのことを知る狙い。

それを記事にすることで、読者の方がメンバーとの繋がりを持つきっかけが生まれたら嬉しい。更には、グループの事を知らないけど、その題材(趣味・特技)に対する興味から、その関心をメンバーに繋げられるかも!って期待してます。

知ることで、きっかけ作り

具体的に言うと。例えば、乃木坂ファンなら「乃木坂」×「将棋」といえば、誰もが=「かりんちゃん」を思い浮かべると思う。そこまでは知っていても「将棋」のことを知っていないと、かりんちゃんと将棋を繋げた内容で理解が及ばない部分がでてくることがあるはず。
そこで「将棋を勉強して記事を書く」ことをしたら、こんな可能性があるんじゃないかなー?と企図してます。

  • 自分が将棋に詳しくなる⇒かりんちゃんへの理解が少し深まる
  • ファンの方が将棋に詳しくなる⇒かりんちゃんへの理解が少し深まる
  • ファンじゃない方(将棋の関心)がアクセスする⇒かりんちゃんの認知に繋がる。

例えば、かりんちゃんの握手会に参加する時に「将棋を知らない人」と「将棋を知ってる人」では、コミュニケーションに多少の違いが起きると思う。
知ってる人は将棋談議に花を咲かせられるかもしれないけど、知らない人は将棋に関する話題を持ちかけるのに多少ハードルを感じるだろうし

別に「知らない」ことが問題になるわけじゃないし、それを会話の起点にしたり、相手を知るきっかけにしてもいいと思います。

因みに、自分はかりんちゃんと将棋について具体的な会話してないから、先ほどの例でいえば後者にあたるのかな?「次の対局、頑張ってね」くらいは言えると思うけど、「あの一手がよかったねー」なんて玄人レベルの会話はまだまだ難しいかな

こんな理由から「趣味」紹介することの、ファンの方や自分に対してメリットがありそう

新しい読者⇒ファン層を開拓

この計画でいうと、ターゲットはファンの方だけでなく、上の例えなら「将棋の事を知りたい」と思っているグループとは関係ない方も対象
何の気なしに記事を読まれた方が「乃木坂46の伊藤かりんさんはアイドルで将棋が好きなのか。趣味が合うな!」なんて風に、メンバーを知るきっかけを作れないかな
ただ、この場合の重要な問題として「将棋のことを知りたい」と思ってる人が、このブログを読むのか?そのニーズに応えられるのか?ってのは、自分が素人だから非常に難しいところだけど、「初心者が勉強してみた」ってところに記事の意義が出る気もするし

最終的には、グループを知らない方が、メンバーの事を知り関心を持って、握手会にも参加して「このブログを読んで〇〇さんのファンになりました。」って出来たらいいな
夢があるけど、そう上手くはいかないよね。まずは何か一つ試して反応を見てみよう

では、誰の記事を書こう

とりあえず、一番初めの題材だけど、この流れから「将棋」を考えてます。
あいうえお順で順番に企画していきたいところだけど、やっぱりメンバーの趣味がそれぞれ違うという事は、それを理解して紹介するハードルも大差あるだろうし、スピード・難易度・負担面を考えて、企画自体が頓挫しちゃう心配もあるので、「(自分の計画で)記事に出来そうだなー」と思うものから取り上げたいと思います。
幸いにも将棋の基本的なルールは理解できてるので、最初のスタートとしては書きやすいと思う。


正直、記事の情報としては広く浅くなっちゃうだろうけど、アクセスの反応がよかったり、自分自身も関心が高まればより時間をかけて勉強して、造詣を深めていけたらいいな
いろいろ考えたつもりだし、せっかくなら楽しんで勉強しようとも考えてるけど、元が自分の趣味で始めることではないから、実際の記事が薄っぺらくなる可能性も高いと思う。
でも、分相応な良い一手だとも思う。とりあえずは、色々やってみて考えよう。詰んだら詰んだで勉強!

関連記事