乃木坂メンバーがグループを卒業する時にファンとして思うこと。|卒業するメンバーへの餞と大事なことって何だろう

コラム
乃木坂メンバーがグループを卒業する時にフ…

先日、公式サイトにて「斎藤ちはる」「相楽伊織」2名の卒業発表がありました。ファンにとって、メンバーがグループから居なくなることは寂しいことですよね。てことで、今回は卒業について思ったことを綴りたいと思います。

最初から今も、卒業にビックリ

以前にも少し触れましたが、アイドルの概念を深く知らずに乃木坂ファンとなった自分にとって、メンバーが卒業するシステム(?)というのは驚愕でした。生涯アイドルって風に考えていたわけでもないけど・・・

グループから居なくなるって良いこと?

そして、誰かがグループから卒業する度に、それを見送るメンバーは「よかったね、おめでとう!」と言葉をかけます。そして、今はグループに在籍しているメンバーも誰しもが、いつかは卒業するものだと口々に語ります。つまり、メンバーにとっての乃木坂46でいる時間というのは、限りがあるものであり、長い人生の中で考えれば、通過点に過ぎないのかもしれません。

新しい道を選択したんだよね

祝福の言葉をかけるということは、メンバーにとって「卒業する」というのは前向きな(≒意味のある)事であり、ファンがそれぞれ応援しているメンバーもグループの活動で最終的に行き着く先は卒業なんだなーと思いました。

ファンが応援している「その先」が「メンバーの卒業」ではないかもしれないですが、これまでグループの活動や造詣の深いファンであれば、将来的に辿り着く先が「卒業すること」というのは、誰しもが意識していると思います。

とは言え、正直寂しいよね

とは言っても、卒業を見据えて応援するというより、むしろファンにとって卒業は望ましくない未来だと思います。少なくとも自分にとっては、メンバーを応援している時間も楽しいし、メンバーの活躍に一喜一憂できるのがファンとしての喜びみたいなものを感じ得ます。だから、メンバーがグループから居なくなるということは、愛着を持っていた人間が欠けることを意味するし、その意味では単純に嬉しいとは思えないです。

でも、それを受け入れるべきなのかー

メンバーが卒業するのは、その先の未来を見据えての選択だと思います。そして、メンバーを応援するのがファンであれば、応援しているメンバーの目標や夢は知っておきたいなーと思います。だって、それをメンバーとファンとで共有されていたら「あの為に頑張ってるんだよね!その為に応援しよう!」って考えれるけど、応援している相手が何を目指しているかが分からないなら、「何のためかわからないけど、やっていること頑張ってね!」という感じになっちゃうかなーと思います。

とは言え、そういってる自分自身は、夢や目標を大っぴらに言うよりも無言実行なタイプ。(このブログでは、目標やそのプロセスをオープンに語ってますが!)言いたくないとか、考えや想いがあって敢えて言わないといのも理解できます。ファンと言っても、その存在は他人であり、最終的な努力や責任というのは、メンバー本人の問題だと思います。それでも、ファンとしてサポート出来ることがあるだろうし、応援したいという気持ちがあれば、理由(目標や夢)なんてのは求める必要はないのかもしれません。

それが「ファン」なのかなー?!

自分にとっての「ファン」そして「応援」するということは、メンバーが目指す未来に対して、常に良き理解者であろうとし、味方の立場で肯定し、背中を押してあげることだと思っています。

卒業するその日まで、まだ言わないけど

だから、応援しているメンバーが卒業という将来の選択肢を選んだとき、ファンとして「おめでとう」と言えるのって、本当にメンバーを想い、応援してきたファンなんだと思います。
そして、自分も素敵なファンの方を見習い、そう言えるファンであれたらいいなー

関連記事