ブログをリリースして、はや1週間。今後の方針決めのため、備忘録として、振り返りをしてみる。

ブログ
ブログをリリースして、はや1週間。今後の…

サイトをリリースしてから、1週間
諸々の所感を備忘録としてまとめておきます。

実際に運用してみての率直な感想は「記事を書くの下手」ということ。
ブログなのに、これはけっこうな死活問題・・・

具体的に言うと、遅筆で語彙と国語力が無い。ライティング能力も。
総じて、記事が面白くない。

良かった点は、(悪いなりに)書いていく毎に成長を実感できたこと
(とっても微々たるものだけど)

最初は、毎日投稿することを目標にしていたけど、1週間しない内にさっそく頓挫してしまった。反省としては、今の自分では「毎日投稿するのは難しい」という事を痛感したので、これをふまえて今後どうしていくか?

この課題から考える方向性としては、「”毎日投稿するために”どうするか?」もしくは「”毎日投稿できないから”どうするか?」

どっちにしても対策はできると思うけど、どっちが正しいという決定的な判断材料もないので、負担の低そうな「毎日投稿できないからどうするか?」で進めようと思います。

乃木坂46時間TVの恩恵

リリース直後に「乃木坂46時間TV」があったから、だいぶ救われたと思う。
番組の放送内容に沿って、見たままに自分の感想を文章に落とし込んでいくだけだったから、実力がないのに最低限の形にすることが出来た。

それに「放送を見ながら、記事を書く」という「インプット」と「アウトプット」を同時平行で行なう作業も体験できたから、筋トレ的な感覚でした。

普段、乃木坂の番組を見るときは、特に何も考えずに傍観する感じだったけど、さらに違った視点から楽しめるようにもなってきたと思う。

この変化が、さらにスキルアップしていけば、自分の執筆能力に繋がってくるはず。

順序をつけて解決していく

先ほどあげた課題の「記事の面白さ」と「執筆スピード」は、例えるなら「質」と「量」
もちろん両方とも改善していかなきゃいけないけど、優先順位をつけるなら「質」を先に良くしていきたい。

極端に言えば、更新が滞っても面白い記事を安定して書けるようになりたい。

ただ、巧遅拙速になるのも好ましくないし、質を上げるために回数を熟すことも意味をなしてくる思うので、更新もそれなりに頑張る。

記事の質やスピードも、たくさん書いていくうちに少しずつ向上していくと思う。
少し考えたようで、結局は平行線上に戻った気がするけど、最初のうちはトライ&エラーで勉強していきたいと思います。

悪いなりに成長できてるかも

ただ、今の段階でも微々たる成長を自覚できているので、着実に前進はできていると思う。
経験を積んで、時間ができれば、効率的に改善するために計画も考えていけるかな

因みにサイトのアクセスはそこまで大きくない。数値的にも想定の範疇。
これをポジティブに考えるなら、ブログ初心者の拙い記事だからこそ、人に見られていない方が気が楽でもある。ライティングスキルにも自信が付いてきたら、投稿記事のリライトとかアクセスアップ施策も計画していきたいと思います。

後は、時間の取り方

この他に課題になりそうなのは、執筆時間がなかなか取れない事。
「時間が無い」って言い訳は、社会人としてかっこ悪いので、そこは何とか頑張らないと
そもそも、先ほど「毎日投稿しなくてもー」的な方針を立てたから、やり易くはなったはず。

でも、良かった事もあるよ

その反対に一番よかったと感じるのは、「ブログを楽しめている」という事。
反省したり、未熟だと感じることも多いけど、それ以上に「もっと頑張りたい」という気持ちが強くて、やっぱり好きなことに対するモチベーションがあるから、そう感じることが出来るんだと思う。

自分の意思で始めた事だし、これからブログを続けていく中で一番重要な事だから、この気持ちを初心として忘れないように大切にしたいと思います。

あとは、しばらくしてからの期間を振り返ったときに、それが結果に表れているかどうか

関連記事